むくみ対策に効果的な若返りにいい食べ物とは?

むくみ対策を行いたい、と思っている方はかなり多いと思います。

 

しかし、なかなか思った蝶な結果が得られない、と嘆いている方が多いのも事実です。

 

実は体の中からむくみに対処しなければいけないんですよ。

 

なにも、お肌の表面だけの問題ではありません。

 

こちらではむくみ対策に役立つと考えられている食べ物を紹介します。

 

むくみに悩んでいる方は、積極的に食べてむくみ対策としましょう。

 

 

■アサリがおすすめ!

 

・高い利尿作用がある

 

むくみの原因の一つに、体内に水分を貯めこんでしまう、といったものがあります。

 

様々な要因があるからこそ、体内に水分を貯めこんでしまうわけですが、利尿作用のある食べ物を積極的に取るべきです。

 

アサリは、その利尿作用の能力に長けています。

 

塩分を体外に排出する働きのあるカリウム、といった成分を多く含んでいることでも知られています。

 

ちなみに、アサリを摂取することで女性の多くが悩んでいる貧血が予防できることも指摘させてもらいますね。

 

ビタミンB12や鉄分が血液に対して良い働きをしてくれるのです。

 

 

■水を飲むこと

 

・水分不足はむくみの元になる

 

意外に感じるかもしれませんが、水分不足に陥ってしまうと、かえってむくんでしまします。

 

水を沢山とるから体内に水分を蓄えるのではありません。

 

水が足りないからこそ、水分を体内に溜め込んでしまうのです。

 

食事の時には意識して水を摂取しましょう。

 

1日あたりの目安の摂取量としては2リットル程度となります。

 

夏は2リットルくらい平気で飲める、といった方もいるかもしれませんが、冬場はなかなか難しいんですよね。

 

無理して2リットルを必ず摂取しなければいけないわけではありませんが、なるべく推奨摂取量を目指してください。

 

水の飲み過ぎには注意してください。

 

1日あたり4リットル以上飲んでしまうと、水中毒のような症状を起こしてしまいます。

 

今度はかえって、塩分が体内で薄くなりすぎてしまって、重大な症状を引き起こしかねません。

 

 

■海藻類を食べよう!

 

・血液の流れを良くしてくれる

 

海藻類には、ラミニンといったあまり耳慣れない成分が含まれています。

 

ラミニンには血圧を下げてくれる作用のある西武ンが含まれているのです。

 

むくみには、血行が悪くなっていると症状がひどくなることがあります。

 

血圧を下げることができれば、血行が良い状態となりますよね。

 

海草類を食べることで、むくみにくい体質を得ることも出来るわけです。

 

 

この記事の関連ページ