睡眠不足の脳が老け顔化を加速させる真実に注目!

睡眠不足が身体に与える影響は極めて大きいです。

 

特に注目して欲しいのが、容姿にも影響を与える、といったことです。

 

こちらでは睡眠不足が招いてしまう老け顔について迫ります。

 

1日あたり3時間や4時間しか寝ていない、といった方は要チェックです。

 

 

■ストレスが溜まって血行不良になる!

 

・顔にむくみが出現してしまう

 

睡眠不足が招く悪影響の一つにストレスがあります。

 

我々は寝ている最中にストレスを解消しているのです。

 

寝ているときは、脳を休ませている状態になります。

 

起きている時のストレスを寝ている時に解消しているわけです。

 

しかし、睡眠不足が続いてしまうと、ストレスが体内に蓄積されることになります。

 

ストレスが体内に蓄積されることで、血管が影響を受けてしまいます。

 

血管が収縮してしまい、高血圧のような状態になってしまうわけです。

 

血管がすぼまって、血流量が少なくなってしまうとリンパ管が影響を受けます。

 

リンパ管に流れるリンパ液は、血液の流れと沿っているので、血流量が多い時は活発に流れていますが、血液の流れが悪くなれば、リンパ液の流れ自体も悪くなってしまいます。

 

リンパの流れが悪くなると、むくみ、といった症状が生まれてしまうわけです。

 

むくみが出てくると、今度はたるみに発展してしまいます。

 

どんどんと老け顔が完成されてきてしまうのです。

 

若い自分を保ちたいのであれば、睡眠不足を解消しなければなりません。

 

 

■お肌の透明感を失わせる睡眠不足

 

・睡眠不足が新陳代謝を阻害する

 

我々のお肌は新陳代謝を行っており、定期的に新しいものと入れ替わります。

 

いわゆる、ターンオーバーといったものを行っているのです。

 

睡眠不足が発生すると、お肌などに栄養をおくる機能が弱ってしまいます。

 

お肌を作るための栄養素が送られにくくなるわけです。

 

栄養が送られなくなれば、新しいお肌が出来ません。

 

結果的にターンオーバーが遅れてしまうのです。

 

ターンオーバーが遅れてしまうと、お肌の古いものが残り続けてしまいます。

 

古いお肌は透明感もありませんよね。

 

くすみといったものが出てしまったり、シミがなかなか消えなかったり、といった状態になってしまうわけです。

 

 

■1日あたりどのくらいの睡眠時間を確保すべきか?

 

・最低でも5時間以上

 

利用は、1日あたり6時間から7時間程度です。

 

しかし、家事や仕事などがあるとそれだけの睡眠時間の確保は難しい、といった方もいるかもしれません。

 

そんな方は5時間以上を心がけてください。

 

ストレスが寝だめで解消されるものでもないので、毎日平均的に睡眠時間を確保することも大事です。

 

 

この記事の関連ページ