ほうれい線が薄くなるだけで−5才肌に!どうすれば薄くなるのか?

年齢を感じさせるシワとして注目して欲しいのが、ほうれい線です。

 

ほうれい線が深くなればなるほど、年齢は高く見られてしまいます。

 

一方で、ほうれい線が浅ければ浅いほど年齢をそれほど感じさせないわけです。

 

こちらではほうれい線を薄くするためにはどんな方法が適切なのか、といったことをお話します。

 

ほうれい線が濃くて悩んでいる方は必見ですよ。

 

 

■ほうれい線と年齢の関係性アンケート

 

 【ほうれい線がある顔の印象アンケート】
・5歳上に見える・・・51%
・10歳上に見える・・・22%
・3歳上に見える・・・13%
・7歳上に見える・・・11%
・15歳以上上に見える・・・2%
・1歳上に見える・・・1%

 

※「顔のたるみ研究所」が行ったアンケートによる

 

殆どの方が5歳年上に見える、と判断していることが分かります。

 

逆に考えれば、ほうれい線がないお肌は、5歳年齢を低く見せることが出来る、ということでもあります。

 

しかし、ほうれい線は若い時からあるケースも多く、そう簡単に消えるものではない、といった印象も強いわけです。

 

実際のところ、ほうれい線はどうしたら消えるのでしょうか。

 

 

■ほうれい線を消したり、薄くしたりする方法とは?

 

・保湿対策を実行すること

 

ほうれい線をこれ以上深くしないためにも、まずはお肌の状況を整える必要があります。

 

お肌の状況を悪化させる原因の一つが乾燥です。

 

強い乾燥状態にお肌がさらされると、ちょっとした衝撃にも耐えられません。

 

特に女性は男性よりも皮脂の分泌量が少ないので、乾燥肌になりやすい、といった特性を持っています。

 

定期的に保湿クリームを利用する、といったことを実施して対処してくださいね。

 

 

■日焼け対策を実行すること

 

・紫外線の影響からお肌を守る

 

紫外線を浴びるとシワが出来やすいことは周知の事実です。

 

紫外線によって、お肌の健康を守っているコラーゲンやエスラチンが破壊されてしまうからです。

 

ほうれい線に関しても、コラーゲンやエスラチンが減ってしまうと深くなってしまうことが分かっています。

 

 

・紫外線対策方法とは?

 

帽子や日傘を利用する、といったことがおすすめです。

 

特に、紫外線が強い時に外出する機会がある方は、積極的に紫外線防止アイテムを活用しましょう。

 

日焼け止めを利用する、といった方法もあります。

 

ただ、日焼け止めに関しては、強い作用を持ったものだと、かえってお肌を痛めてしまうこともあります。

 

利用時には注意してくださいね。

 

 

この記事の関連ページ