運動不足はむくみの原因になる?むくみ解消に効く運動とは?

足のむくみの原因に運動不足があるのではないか、といったことを考えている方も多いと思います。

 

たとえば、スポーツ選手の足がむくんでいる、といった話も聞きませんよね。

 

スポーツを趣味としている方も、むくみ自体になりにくいような気がします。

 

実は、運動不足はむくみに直結しています。

 

ですから、運動をすること自体がむくみの予防につながっているのです。

 

こちらでは、むくみと運動の関係性、さらにむくみの解消に適切な運動法について徹底解説します。

 

 

■運動不足とむくみはどのように関係しているのか?

 

・血行不良がむくみを発生させてしまう

 

むくみはリンパ液の流れが悪くなることに関係しています。

 

リンパ液の流れが滞ることで、身体の各所がむくんでしまうのです。

 

そのリンパ液ですが、リンパ管といったものに流れています。

 

リンパ管は、実は血液にそっている、といったことが言われているので、血行が良くなればリンパ液の流れも良くなります。

 

血行が悪くなればリンパ液の流れも悪くなるのです。

 

運動をすると、全身に効率的に血液を送るために血管を拡張します。

 

その結果、血が大量に流れるようになるのです。

 

リンパ管の流れも影響を受けて、むくみが解消されることになります。

 

 

・筋肉を鍛えることがむくみの予防に繋がる

 

運動をすると、その運動に即した筋肉が我々には付きます。

 

運動不足の方は、筋肉量についても少なくなっているのです。

 

定期的に運動している方は、一般のかたよりも筋肉量が多くなります。

 

身体の機能も向上します。

 

たとえば、水分を筋肉を動かすために利用したり、といったこともあります。

 

リンパ液の流れを良くするポンプのような役割を筋肉が果たしてくれることもあるのです。

 

 

■どんな運動を実施するとむくみ解消に役立つのか?

 

・長時間足をしっかりと動かすこと

 

ジョギングやウォーキング、さらにサイクリングといった運動方法がおすすめです。

 

短時間で切り上げてしまうと、足の筋肉を活発に動かしたことにはなりません。

 

血行が促進されている時間も限定的になってしまいます。

 

要は、有酸素運動をするのがおすすめなのです。

 

身体への負担も少なくなるので、圧倒的にむくみ解消に役立ってくれます。

 

 

・筋トレをすべきなのか?

 

ふくらはぎを鍛えることができれば、全身の血行が良くなります。

 

むくみ解消に大いに影響をあたえるのですが、ふくらはぎを鍛えるのはちょっと難しいです。

 

たとえば、つま先立ちで歩く、といったこともおすすめですが、少し負荷が強いので、最初は1分程度だけ行う、といった感じにしましょう。

 

慣れてきたら、家の中ではつま先立ちで過ごす、といったこともおすすめです。

 

 

この記事の関連ページ