産後のむくみ対策|顔や身体のむくみの原因と解消する方法

出産後にむくみの症状が出てしまう、といった方が多くなっています。

 

産後も美しい状態をキープしたい、と思っている方も多いでしょう。

 

美しい状態をキープしたいのであれば、むくみの原因をまずは知ることです。

 

なぜ産後はむくみやすいのでしょうか。

 

さらに有効な対策についても確認しておきましょう。

 

こちらでは、出産後のむくみの原因と対策法をお話します。

 

 

■産後にむくみが出てきてしまう理由

 

・母乳を与えているから

 

母乳を上げていると、体内の水分が母乳に使われてしまうことになります。

 

その結果、女性の体は水分が少ない状態になってしまうのです。

 

水分が少なくなってしまうと、水を体内に溜め込んでおこう、といた働きが出てきてしまいます。

 

その結果、水分不足になっているはずなのに、むくんでしまう、といった矛盾した症状が現れてしまうのです。

 

 

・運動不足になっているから

 

産後は安静にしていなければならない、といったこともありますが、運動不足が原因でむくむ、といったことがあるのです。

 

運動不足に陥ってしまうと、身体の代謝機能が低減してしまいます。

 

体を動かさないので血行も悪くなってしまいます。

 

老廃物が処理されにくい状態となってしまい、結果的に浮腫の症状が現れてしまうわけです。

 

 

・睡眠不足になっているから

 

産後は赤ちゃんの対応が大変です。

 

夜泣きをすることもありますよね。

 

夜泣き対応をしていると、母親はなかなか眠れません。

 

その結果、睡眠不足に発展してしまうのです。

 

睡眠不足は血行を悪くしてしまいます。

 

睡眠不足ということはストレスが解消されない、といった状態であり、ストレスが溜まってしまうのです。

 

ストレスには血管を収縮させる機能があるのです。

 

血行が悪くなればむくみも出てきてしまいますよね。

 

睡眠不足もむくみに大きく関わっているのです。

 

 

■産後のむくみを解消する方法とは?

 

・減塩系の食事を実施すること

 

塩分を多く摂取すると、ナトリウム濃度を引き下げるために、体内に大量の水分を溜め込むようになります。

 

ですから、なるべく塩分過多にならないようにするためにも、食事に気をつけるべきです。

 

 

・運動をおこなうこと

 

産後はあまり動きまわらないと思うので、ちょっとした運動を取り入れてください。

 

家の中でも出来るような軽いストレッチでも構いません。

 

身体を動かすことで、血行も促進されむくみにくくなります。

 

旦那さんに育児を変わってもらい、週に1回は外出を思いっきり楽しむ、といったこともおすすめです。

 

 

この記事の関連ページ