全身がむくんで体がだるい@これって何かの病気のサイン?

全身がむくんでいる、といった方も少なくありません。

 

顔もむくみやすければ足首もむくんでいる、といった方も実際にいるのです。

 

しかも、その上で体がだるい、といった症状に悩まされている方も少なくありません。

 

全身がむくんでおり、しかもだるさがある、ということはなにか病気があるのではないか、と疑ってしまいますよね。

 

こちらでは「むくみ+だるさ」と病気の関係性についてお教えします。

 

 

■病気の可能性が出てくる!

 

【むくみ+だるさの症状における病気例】
・慢性腎臓病(CKD)
・急性腎炎
・腎不全
・心筋症
・心不全
・慢性腎炎
・肝細胞がん
・肝硬変など

 

非常に恐ろしい病気が隠れていることが分かっているわけです。

 

しかも、内臓に関わるような病気ばかりなので、しっかりと対応していかなければなりません。

 

病気の可能性をしっかりと探って、自分にも関係するのではないか、といったことも想定し、医療機関でしっかりと診てもらうことが肝心です。

 

対処が送れてしまうと、大変なことになってしまいかねません。

 

以下に幾つかの病気についてその症状をお話します。

 

どのような理由でだるさやむくみが出てきてしまうのでしょうか。

 

 

■むくみ+だるさが関わる病気|慢性腎臓病(CKD)

 

・たんぱく尿陽性や腎機能低下が長期間続く状態

 

放置してしまうと、末期の腎不全になってしまいます。

 

こちらの病気が非常に恐ろしいのは、初期に症状が現れることはない、といったことです。

 

むくみなどがあって驚いて医療機関に行くと、透析しなければならない状態だった、といったこともあるほどです。

 

 

・なぜむくみやだるさが出てくるのか?

 

腎臓の機能が衰えてしまうからです。

 

腎臓は血液などにも関わっており、働きが弱ってしまうと、老廃物の処理などができなくなってしまいます。

 

その結果、むくみが取れなくなってしまったり、だるさといった症状が出てきてしまいます。

 

全身に関わるので全身のむくみが発生しやすい、といった特徴もあります。

 

 

■むくみ+だるさが関わる病気|心筋症

 

・心臓の働きに問題が出ている病気

 

息切れや呼吸困難、といった症状が出ていることもあります。

 

心臓の働きに問題が出ているので、むくみといった症状が起きやすいのです。

 

不整脈的な症状や、胸に痛みがある、といったケースも多く報告されています。

 

心筋症が厄介なのが原因がわかりにくい、といったことです。

 

治療法としては心臓の負担を軽減させる、といったものがあります。

 

塩分を減らした食事をする、といったものも有効とされています。

 

むくみが出にくいような食生活をすることが、心筋症の症状を和らげるような効果を持っているのです。

 

 

 

この記事の関連ページ