足裏に湿布を貼るだけでむくみ解消に効果的?脚も細くなるの?

足のむくみがあるとスカートも履きたくなくなりますし、スキニータイプのジーンズも履きにくくなってしまいますよね。

 

しかし、足を痩せる、といったことはかなり難しいのが現状です。

 

下半身はむくみやすく、なかなかむくみが取れにくい、といった特徴もあるのです。

 

そこで簡単な足のむくみの除去方法として湿布、といったものがあるのです。

 

なんと、足の裏にシップを貼るだけ、といったダイエット法なんですよ。

 

めちゃくちゃ簡単ですよね。

 

こちらでは足の裏に湿布を貼ると本当に足が細くなるのか、といったことについて徹底解説します。

 

なかなか足のむくみが取れない、と悩んでいる女性は必見です。

 

 

■足の裏に湿布を貼ると本当に足が細くなる!

 

・なぜ足裏に湿布を貼るとむくみが取れるのか?

 

足の裏には、多数の血管が集まっている、といった特徴があります。

 

湿布を貼ることによってたくさんある血管を刺激することになるのです。

 

刺激を受けた血管は活発に動いて、血液の流れが良くなる、といったメリットがあります。

 

そもそも、むくみの原因とされているリンパ管も血管にそっています。

 

血流が良くなるとリンパ管に流れているリンパ液も活発に流れる、といった特徴を持っています。

 

足裏に湿布を貼ると血管に作用し、その後にリンパ管に作用する、といった働きがあるので、むくみの解消に役立ってくれるわけです。

 

もう一つ注目して欲しいのが、筋肉の働きです。

 

シップを足の裏に貼ることで、筋肉にも刺激を与えることになります。

 

その結果、筋肉の働きも良くなり、結果的に脂肪燃焼が促進されます。

 

ですから、足裏にシップを貼るだけでなく、気になる足の部位にシップを貼る、といった行為もおすすめです。

 

いわゆる部分痩せ、といったことが達成しやすくなっているわけです。

 

 

■実際にどれほど痩せられ得た例があるのか?

 

・ある女性お笑い芸人が行った結果

 

3週間足裏にシップを貼るといったダイエット法を行ったところ、1週間も立たないうちに足のむくみが取れました。

 

そして3週間行ったところ、体重が7.5キロも減ったのです。

 

元々90キロ近くあった方なので、減りやすい、といったことを考えても大幅に体重がダウンしました、

 

体脂肪も減ったことが確認されており、3.4%のダウンとなりました。

 

さらに、足がほっそりとするだけではなく、ウエストサイズまで細くなったことが確認されたのです。

 

湿布系ダイエットを行う前に比べ、5.5センチダウンしたことが確認されています。

 

 

 

この記事の関連ページ