朝起きると顔がパンパン!朝のむくみの原因と解消法とは

1日中むくんでいるわけではない、といった方も多いですよね。

 

たとえば、朝起きた時だけむくんでいる、といった方もいるでしょう。

 

お昼くらいになるとむくみも落ち着いてきてスッキリし始める、といったことも起こり得ることなのです。

 

こちららではそのむくみの原因、そしてその解消法についてお話します。

 

 

■朝に顔がむくみでパンパンである理由

 

・前日にお酒を飲んでいませんか

 

アルコールを大量に飲んだ、といった場合には朝に浮腫の症状が現れやすくなります。

 

アルコールを飲むと、同時に塩辛いおつまみを食べる、といったケースもありますよね。

 

おつまみには塩分が多く含まれているので、さらにむくみを助長させてしまうのです。

 

塩分を大量に摂取すると、水分を体内に止めようといった働きを体が持ってしまいかねません。

 

お酒をよく飲む、といった方は注意すべきです。

 

 

・血行不良である

 

寝ているときは血行が良い状態ではありません。

 

身体を動かしているわけではありませんからね。

 

血管が萎縮してしまっているようなケースもあり、その結果、リンパ液の流れが悪くなってしまいます。

 

身体のアチラコチラで流れが滞ってしまい、結果としてむくみのような症状になってしまうのです。

 

女性の場合は冷え性である確率が極めて高いので注意しなければなりません。

 

 

■朝のむくみを解消させる方法

 

・アルコールを呑んだら水をしっかりと摂取すること

 

ミネラルウォーターがおすすめです。

 

ミネラル分を摂取することで、より水がしっかりと体に行き渡るようになります。

 

体内に水分がためこまれるような状況を避けることにもつながってくるのです。

 

水を飲むことで身体の塩分濃度も引き下がります。

 

その結果、体内の水分がスムーズに排出されるようになるわけです。

 

 

・アルコール量を減らすこと

 

お酒を飲んでむくんでいるのであれば、当たり前ですが酒量を減らすのが最も勧めです。

 

アルコールも1杯や2杯程度であれば、むくみにそれほどおきな影響を与えないものです。

 

 

・寝る前にストレッチを実行すること

 

血行を良くしておく方法がおすすめです。

 

血液の流れを良くしておけば、リンパ液の流れもスムーズになります。

 

身体に水分が溜まってしまうような状況は避けられます。

 

特に寝る前に軽く行っておくと、眠ってからもしばらく血行が良い状態になるのでおすすめですよ。

 

朝起きた時に水分を取りつつ、ストレッチをするのもおすすめです。

 

 

この記事の関連ページ