知っておくべき!老け顔の判断基準ってなんだ?

童顔と判断される人もいれば、老け顔と判断される人もいるのです。

 

こちらでは、どんな顔をしていると老け顔と判断されるのか、といったことを徹底的に調査してみました。

 

もしも自身が当てはまっている場合には、早急に対処しなければなりませんよ。

 

 

■老け顔の判断基準|顔の長さ

 

・顔が長いと老け顔と判断されてしまう

 

いわゆる、馬面といったことを言われてしまうような方は、老け顔に判断されてしまうのです。

 

顔の長さと老け顔の判断基準には明確なものがあります。

 

顔の横の長さと顔の縦の長さの比率があるのです。

 

顔の横の長さが1とした場合、顔の縦の長さが4よりも大きい場合には老け顔とされてしまうのです。

 

一方で、顔の横の長さが1とした場合、顔の縦の長さが4よりも小さい場合には、童顔と判断されます。

 

ただ、顔の長さに関しては、そう簡単に対処できるわけではありません。

 

美容整形であごを削るといった対策方法をとるくらいしかありません。

 

自身の努力でどうにかなるわけではないのです。

 

もちろん顔の長さだけで老け顔が判断されるわけではないので、他もチェックしてみましょう。

 

 

■シワの深さや量によって判断される

 

・シワが深いと年齢を高く見られてしまう

 

ほうれい線が特徴的かもしれません。

 

ほうれい線が無かったり薄い方に関しては、年齢をそれほど感じさせません。

 

若いと判断されるのです。

 

一方で、ほうれい線がバッチリとあり、しかも深い、といった場合にはどうしても老け顔と認定されてしまうのです。

 

ほうれい線に関しては、生まれつきある方もいるので、必ずしも加齢の結果とは言い難いですが、年齢とともに深くなってしまうのは事実です。

 

お肌のハリを回復させる、といった方法などでほうれい線対策を実施しましょう。

 

たとえば、表情筋を鍛える、なんて方法もおすすめです。お金をかけずにできる老け顔対策ですよ。

 

 

・シワが多いと老け顔と判断されてしまう

 

シワですが、目の周りなどに出来やすいわけです。

 

その量が多ければ多いほど年齢が高い、と判断されてしまいます。

 

特に目の周りにはたくさんのシワが出来やすいので、早急に対処しなければなりません。

 

目周辺に対して美容液などを利用して、健康的なお肌を目指しましょう。

 

お肌自体が若返れば、シワが出来にくい状態になるわけです。

 

 

■シミが多いと老け顔と判断されてしまう

 

・透明感ない肌は年齢を感じさせるモノ

 

お肌にくすみがあった場合や、シミがあると年齢を感じさせます。

 

年齢の象徴とも言えるのが、シミやくすみなのです。

 

普段から紫外線対策などを行ってください。

 

美白化粧品も有効です。

 

 

 

この記事の関連ページ